COMPANY ホンダモビリティランド株式会社

当社は、1961年の創業以来、モビリティ文化の醸成とモータースポーツ振興、人材育成の実践フィールドとして歩んでまいりました。

Honda創業者である本田宗一郎の「クルマはレースをやらなければ良くならない」というクルマ作りの信念に基づき、1962年に日本初となる本格的なレーシングコースとして誕生。藤澤武夫の構想のもと、お客様自身が操縦することにこだわった自動車遊園地なども併設され、60年に渡る歴史を重ねてきた鈴鹿サーキット。

そして、1997年に人と自然とモビリティの融合をテーマにオープンし、レーシングコースのみならず自然体験施設や安全運転普及施設を備えるモビリティリゾートもてぎ。

ホンダモビリティランド株式会社は、この鈴鹿サーキットとモビリティリゾートもてぎが培ってきたノウハウと力を結集し、未来に向けて、これまで以上に、人と自然を心豊かに結ぶモビリティ文化を創造し、喜び・楽しさ・感動を広く提供し続けてまいります。

企業理念

基本理念

基本的な価値観、世界観をまとめたもので、ホンダグループの恒久の信念を示すものです。

人間尊重

人間は本来、夢や希望を抱いてその実現のために思考し、創造する自由で個性的な存在です。人間尊重とは、自立した個性を尊重しあい、平等な関係に立ち、信頼し、持てる能力を尽くすことで共に喜びをわかちあいたいという理念です。このような視点から、ホンダモビリティランド株式会社は次の3つを人間尊重の理念の柱とします。

1.自立
既成概念にとらわれず自由に発想し、自らの信念にもとづき主体性をもって行動し、その結果について責任をもつことです。
2.平等
お互いに個人の違いを認め合い尊重することです。
3.信頼
一人ひとりがお互いを認め合い、足らざるところは補い合い、誠意を尽くして自らの役割を果たすことから生まれます。ホンダモビリティランド株式会社は、ともに働く一人ひとりが常にお互いを信頼しあえる関係でありたいと考えます。
三つの喜び

「三つの喜び」とは、「人間尊重」に基づいてホンダモビリティランド株式会社の企業活動に関わりを持つことになるすべての人たち一人ひとりと、喜びを共に分かちあえる関係を築いていきたいという信念を表した言葉です。

わたしたちは企業活動を通じて

  • 商品を買ってくださる人(買う喜び)
  • 商品の販売・サービス、そして運営に携わる人(売る喜び)
  • 商品を生み出す一連の企業活動に携わる人(創る喜び)

社是

わたしたちは、世界中の人と自然を心豊かに結ぶモビリティ文化を創造し、「喜び」「楽しさ」「感動」を広く社会に提供し続ける

運営方針

  • 常にお客様志向で考えること
  • 「夢」を原動力に創意工夫をし、果敢にチャレンジすること
  • 理論・オリジナリティ・時間・コミュニケーションを大切にすること
  • 仕事を愛し、技を磨き、笑顔溢れる職場にすること
  • 誠実な姿勢を保ち社会的責任を果たすこと
  • 「安全第一」に徹すると共に地球環境との調和をはかること

社会から存在を期待される企業であり続けるために

人が移動するには目的があります。人が他の場所に移動して、人と出会うことから社会は始まります。
移動によって、さまざまな人が出会い、たがいに学びあうとき、そこに新しい文化、新たな価値が生まれてきます。
わたしたちは、そうした人の移動に関わる領域すべてを「モビリティ」と呼んでいます。
モビリティの持つ利便性、楽しさ、価値を追求し、より多くの方々の生活や活動の中に根付かせてゆく。
それをわたしたちは「モビリティ文化」と呼んでいます。
ホンダモビリティランドの大きな使命のひとつ、それは社会の中により豊かで安全なモビリティ文化を創造することにあります。
企業活動を通じて「持続可能な開発目標(SDGs)」にも貢献していきます。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALSSUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS SDGs(Sustainable Development Goals)
2015年9月に「国連持続可能な開発サミット」で全会一致で採択された2030年までの新たな「持続可能な開発目標」で、17の目標と169のターゲットから構成されています。

モビリティ産業の技術進歩を促進するモータースポーツ事業

モビリティ産業の技術進歩を促進する
モータースポーツ事業

世界最先端技術を用いたレースイベントの開催を通じて、
モビリティ産業の研究開発に関わる雇用の創出に繋げます。

交通安全社会の実現を目的とした交通教育事業

交通安全社会の実現を目的とした
交通教育事業

運転者の心と技術に関わる安全ソフトウェアの提供により、
企業/団体向けの安全運転研修を実施しています。

「チャレンジして成長」をコンセプトに子どもの成長を育むパーク事業

「チャレンジして成長」をコンセプトに
子どもの成長を育むパーク事業

楽しみながらお子様の自発性を育むアトラクションの提供や、
校外学習プログラムによりお子様の健全な成長に繋げます。

里山文化の再生・保全・伝承へ繋げるハローウッズ

里山文化の再生・保全・伝承へ繋げる
ハローウッズ

管理、整備された里山での、動植物の生態観察、環境保全への興味、
関心の促進を目的としたプログラムを実施しています。

パートナーシップによる商品開発や地元食材や伝統を活用した地域連携

パートナーシップによる商品開発や
地元食材や伝統を活用した地域連携

産学官が連携した商品開発や、レストランでの地産食材の活用、
地元と連携した特産品の販売により地域に貢献します。

温室効果ガス排出量の削減にむけた取り組み

温室効果ガス排出量の削減にむけた
取り組み

カーボンニュートラルを目指し、再生可能エネルギーへのシフトや、地産木材利用による緑の循環に繋げる活動を実施します。

個性を認め合い企業の総合力を高めるダイバーシティの推進

個性を認め合い企業の総合力を高める
ダイバーシティの推進

属性にかかわらず輝ける環境の創出を目指し、女性活躍拡大、LGBTへの理解と受容、障がい者やグローバル人材活用に取り組んでいます。

ページトップへ